本文へスキップ

株式会社アイマックスは、技術者の夢、希望を叶える企業を目指しています。

TEL. 03-3379-8671

〒151-0053 東京都渋谷区代々木2-23-1ニューステートメナー1055

Ever Technology with ・・・ 〜技術に終わりはない〜

CADスクール
CAD操作だけでなく、
実務に必要な基礎知識、描き方、データの実態が学べます!


ここが重要! アイマックスのCADスクール

  • マンツーマンだから一人一人にあった指導を行います。本人が分かるまで習うことが出来ます!
  • 一般のCADスクールと違うことは、『実務で使用すること』を前提に習得しますので短期間で学べます!だから1から10まで総ての機能について講習を行っていません。あくまでも実務に必要な機能だけを覚えていただきます!
  • 一般のCADスクールと違うこと2は、現役の図面描き屋(技術者)が講師を務めます!そのため、マニュアルに沿った講義はすぐに脱線(実務の話)します!
  • 一般のCADスクールと違うこと3は、実務の話で分からないことがあれば、時として、実務に必要な数学、物理、空間認識などの話もします!!
  • マンツーマンだから質問は自由です。聞きたいときに聞きたいことが聞けます!
  • 受講料は5万円以下からあります。他のスクールと比べ桁違いの料金です!それでいてマニュアル、練習テキストも付いています!(6,000円相当)
  • 受講時間は基本的に自由!好きな時間帯で受けることができます
    (事前予約が必要です)
  • IJCAD(AutoCAD互換ソフト) / AutoCAD LT の講習を行っています!
  • JR札幌駅から歩いて8分!地下道から来れば、出口から4分!
    地下鉄なら南北線「北12条」駅から2分!
    おまけで東豊線なら「北13条」駅から10分!という立地条件!!



北海道の就職難

 北海道は依然として景気が悪い、悪すぎます。それでも限られた中に仕事は存在します。その少ない中でもCADオペレータは十分に需要がある職種です。しかし、必要としている企業は「実務経験」のある人材を求めています
 つまり、普通のCADスクールで勉強しても「実務として」の経験にはならないため、CAD操作スキルがあっても職に就けないことが当たり前となっています。
 アイマックスでは、実務で必要なCADスキルを習うとともに、実務に必要な「企業で必要とする図面知識、対象となる構造物の知識」も一緒に習得することができます。この北海道で生きて行くには少ない予算で如何に短期間で
実務レベルのスキル・知識を身につけるかが重要です。


主な講習内容

  • 親切、丁寧、分かるまで勉強できます!
  • 受講するコースは自由選択です、受講者に合わせてこちらが選択してもいいですし、「これにチャレンジしたい!」というのがあれば、それでも構いません!
コース 講習内容 ポイント
初めて 先ずは、CADがどういうものかさわってもらいます。さわりながらCADの概要、操作ポイントなどを覚えていただきます。 CADに慣れること
基本OK! テキストを使って基本操作をあらためて覚えてもらいます。また、図面を描く上で必要な図面の知識も一緒に習っていただきます。 復習、画層・設定を重点に!
お復習い マニュアルを使って再度、基本操作を行ってもらいます。レベルによっては実務課題を作図してもらいます。
文字入力、寸法スタイル、ハッチングなど
作図における基本設定を覚える
実務に挑戦! 実務課題を使った応用操作を行ってもらいます。 作図における基本+αを覚える
より実務に! 実務で作図するであろう図面を使った修正方法の習得を行います。文字、寸法、線種、縮尺、画層など 実務の殆どは修正です。ゼロから描きません!
おまけ AutoCADに対応。講習にはIJCADというAutoCAD互換ソフトを使用します。操作性、画面構成などは殆ど同じ為、代替えソフトとして使われています。ただ、完璧に同じではないので、二つの違いを見て貰います。 これだけで二つのCADを覚えることになります!

1コマの受講時間は2〜3時間です、受講者によっては6時間掛けて行うこともあります!
だから初心者でも安心して受講できます!



向いのビルの自動販売機は全部90円!お得です!!


講習に係わる諸事情

  • 入学金 : いりません!
  • 入学手続き : 指定の書面に氏名、住所、連絡先を記入してもらいます
  • 受講料 : 講習1日目にお持ち下さい。領収書を発行します
  • 飲食・喫煙について : 受講中の飲み物はOK! 昼休みは飲食OK!
                   喫煙は外でお願いします
  • レッスンCAD : IJCAD(AutoCAD互換ソフト)/AutoCAD LT
  • 営業時間 : 平日・土曜日 8:00〜21:00
    (予約のない場合、18:00終了、土曜は休み、日曜日は要相談)
  • 問い合わせ先 : 011-768-8831 / 中谷(ナカヤ)



たのしみながらCADの勉強ができる!!



受講コース


受講内容 価 格
スタンダードコース
・受講期間:約1ヶ月
・受講可能時間:18時間
・受講教材:マニュアル、テキスト(コース料金に含む)
・受講内容:1回目から順番にステップアップ、受講者レベルによって
       進み方が変わります。
・使用するCAD:主にIJCAD(1ヶ月間無料体験版配布、自宅用)
\97,200円
(税込)

1時間当
約5,400円
ミドルコース
・受講期間:約1ヶ月
・受講可能時間:12時間
・受講教材:マニュアル、テキスト(コース料金に含む)
・受講内容:1回目から順番にステップアップ、受講者レベルによって
       進み方が変わります。
・使用するCAD:主にIJCAD(1ヶ月間無料体験版配布、自宅用)
\71,280円
(税込)

1時間当
約5,940円
ショートカットコース
・受講期間:約1ヶ月
・受講可能時間:6時間
・受講教材:マニュアル、テキスト(コース料金に含む)
・受講内容:1回目から順番にステップアップ、受講者レベルによって
       進み方が変わります。
・使用するCAD:主にIJCAD(1ヶ月間無料体験版配布、自宅用)
\38,880円
(税込)

1時間当
約6,480円
※キャンセルは、前日(営業時間内)であれば可能ですが、当日ですと予約した時間分はキャンセルできません。
  受講しなくても受講可能時間は消化されますのでご了承ください。


一度、コース料金を払えば、追加料金は請求しません。


受講風景

         

怪しいIJCADってなに?知らないぞ!


と、お思いの方へ、簡単な説明をさせていただきます。

『 IJCAD ってなぁ〜に』
『 IntelliCAD の日本仕様です!』
『 じゃぁ〜、その IntelliCAD ってなぁ〜に・・・・』
『 AutoCAD のDWGファイルをダイレクトに読み書きできる互換ソフトです』
『 そんなの他のCADでもできるでしょう?』
『 できますが、それだけではありません。操作性、画面構成、コマンドで使用する命令もほぼ同じものが使えます!』
『 また、フォントもAutoCADフォントがあれば、それを使用する事が出来るので、文字の段ズレと言った微妙なズレがありません』
『 それって普通じゃないの??』
『 普通じゃありませんよ、、、、。基本的にCADが違えば、総てが変わります。操作性、画面構成、命令コマンド、ファイルの考え方・・・etc、、、、。なので、これだけ共有できるのはある意味スゴイんです!』
『 そんなにスゴイのに、全然知らないソフトなんですが・・・・』
『 最近・・・と言っても日本に入ってきたのが2000年頃なんで、日本CADとしては、まだ新しい部類に入るね。他のCADは20年以上も前からあるしね。』
『 へぇ〜〜そうなんだぁ〜。でも入ってきて10年は経っているんだよね?なんで無名に近いの?』
『 ははは、そこを突っ込まれると厳しいね(^^;) 入ってきた当時はそんなに良くなかったんだよ。ファイルの読み書きは出来たんだけど、画面構成や操作性が結構違っていて、DWGファイルが扱えるってだけで、あまり魅力が無かったのか?』
『 最後のかな?ってなに?』
『 その辺のことは予測なんでなんとも言えないのが正直なところ・・・・。でも今はかなり良くなって十分にAutoCADの互換ソフトとして販売しているんだ。なんてたって安いしね!』
『 そうなんだ・・・。で、どれだけ安いの?』
『 最新版の「IJCAD2016」で55,000円(LT インストール版)からあってね、AutoCADLTが今は年間6万円(リース形式採用)だから1年分のリース代で購入できるんだね。 毎年リース料を払うところを1回の支払いですんじゃうんだね(^^)/』
『 安っす!そんなに違うなら、みんなIJCADにすればいいのに?』
『 そこが日本人気質ってのがあってね・・・・。同じ事が出来ても同じ様な物よりも本物にこだわりたいんだよね。だから高くてもAutoCADを購入しちゃうだね』
『 微妙な違いもイヤってこと?』
『 まぁ〜そんな感じ・・・。それだけ使っていれば慣れるんだけど、平行してあるとやっぱりAutoCADの方がいいやってなるんだよね(^o^)』
『 何となく気持ち分かるかも・・・』
『 だから中々売れないの、でもじわりじわり売れている感じで、特に個人からの購入が多くなっているみたい』
『 個人から・・・・なぜ?』
『 昔なら○ピーして、会社にあるソフトを自宅で使えたりしたけど、今はライセンス管理が厳しくなって自分で買わないといけなくなったよね(当たり前のことだけどね)』
『 まぁ〜ね』
『 そうなると、AutoCADの年間6万円(毎年)ってどう思う?』
『 たっ高い!!』
『 でしょ、だから似たようなCADで勉強したり、自宅で仕事をする人に重宝してるって訳!』
『 なるほどね』
『 ついでに言うと、こういった動きは企業でも出てきているんだよね』
『 企業も?』

企業も検討するAutoCAD互換とは


『 そう、だって1ライセンスに毎年6万だよ、100ライセンスあったら600万だよ。企業割引きがあったとしてもね〜、それで数年使えるになるわけでもないでしょう』
『 そっか〜、それだと企業に取ってはきついね』
『 そう、だから図面が描ければいいやっていうユーザーにとっては、使いづらくなったと思うよ』
『 そんなことして大丈夫の?』
『 さぁ〜それはどうなのかは知らないけど、販売店にとっては売りづらくなったようだしね』
『 こうした動きの影にサブスクリプション(以下:サブス)という「年間保守契約」ってのがあってね。これがなくなってね、定期的に収入が確保できることが大きいのかな?』
『 サブスって昔は入っても入らなくても良かったから定期的な収入確保が目的?』
『 と、いう噂ですよw』
『 ふ〜〜ん』
『 一応3年に1回のサイクルでバージョンアップするようだし』
『 DWGファイルの形式変更のサイクルだよね』
『 そう、AutoCADのDWGファイルって3年ごとに形式が変更されるからそのタイミングに合わせてバージョンアップする予定らしいよ』
『 らしい??』
『 最近はその辺の動きが見えないみたい・・・・。』

『 どうせ、買わないからいいや!』
『 あっそ、まぁ〜初めはIJCADの話をしていたけど、かなり話が脱線してしまったね・・・。そんな事情があって企業もAutoCADLTを辞めて、似たようなAutoCAD互換ソフトにシフトしているところもあるんだね』
『 そんなにいいなら、みんな替えればいいのに?』
『 まぁ〜そう思うかもしれないけど、そう簡単にはいかないんだね』
『 なんで?同じDWGファイルが使えて操作性も似ているんでしょう?』
『 そうなんだけど、完璧にそっくりと言うわけではないから、違いがあることは分かるよね』
『 うん』
『 その違いがよく使う機能面でもあるとするとどうだい?』
『 それは使い難くなるかな??』
『 そう、基本的な操作や画面構成は似ていても、この機能を使うとなったときに、「あれっ?」ってなったら、ダメでしょう』
『 まぁ〜そうだね、上手く使いこなせないの?』
『 出来る場合と出来ない場合があるんだね。だから、そこを上手く解決できる企業はシフトするし、出来ないところはそのままAutoCADを使うってこと』
『 ふぅ〜〜ん、そうなんだ』
『 だから企業としてCADを替えるっていうのは、意外と大変なんだよ』
『 で、この話の落とし処は?』
『 そうだね、
そんなに難しい機能を使わないなら、AutoCADの代わりにIJCADを使っても問題ないってことかな。だからウチでもAutoCADの代わりにIJCADで講習を行っているんだよ』
『 って、いうよりAutoCADの維持費がキツイんでしょう(笑)』
『 ・・・・・・・それもあるね^^;』


実務では、その程度のレベルで十分対応できます。

問合せは、アイマックス北日本支店(札幌) : 011-768-8831、CAD担当のナカヤまで


話は続くぞ、何処までも・・・・・。

『 ところで、AutoCADに似た互換CADってIJCADしか無いの?』

『 いや、IJCAD以外にも「
BricsCAD(ブリックスキャド)」「JDraf(ジェイドラフ)」というのがあるよ。日本ではこの2つを加えて3種類ほど販売されているよ。昔は「ZWCAD(ゼットダブリューキャド)」ってのもあったんだけど、今は販売中止になっちゃってねw
『 そんなにあるんだ・・・で、どれが一番良いの?』
『 ここでは言えませんよ(笑)』
『 なんで・・・・?』
『 いや、だってウチではその製品を含め、いくつかのCADソフトを紹介、取り扱っているからね』
『 だったら尚更、善し悪しの判断ができるでしょう?』
『 できるよ』
『 だったらしてよ・・・』
『 そうね、お店に来てくれたら説明しますよ』
『 ズルっ』
『 そういうもんでしょう・・・。ここで説明しても私の主観が入ってくるから、人によっては良いことでも他の人にとっては良くないこともあるでしょう。そう言った説明をするには実際にさわって貰って、「見に来た人の利用環境」を踏まえて、私がその環境にあったソフトをいくつか説明する。そのなかで検討しても貰わないとね・・・。』
『ここで説明すると、私の主観しか入っていない説明文になるから、本当にその説明でいいの?って疑問が出てくる。その疑問はここでは質問できないし、回答も出来ないからお店にきて貰って、そのソフトを見て、操作しながら理解してもらうっていうのが、ウチのスタンスなんだよ』
『 へぇ〜なんか真面目なこと言っているぅ〜』
『 当たり前です。各メーカーさんからソフトをお借りして展示しているんですから、変なことはできません!』
『 で、詳しく何処に聞けばいいの?』

問合せ先 : 011-768-8831 アイマックス(中谷)まで。









バナースペース

株式会社アイマックス

〒151-0053
東京都渋谷区代々木2-23-1
ニューステートメナー1055

TEL 03-3379-8671
FAX 03-3379-8672